糖分がたるみの原因?

お肌にハリがない。

昔よりも明らかにお肌がたるんできた。

紫外線も気をつけているし、

基礎化粧品も気をつけてきたはずなのに。

やっぱり年齢のせいかしら?

https://note.com/kininaruiro/n/n8500e6da9106

とお困りの皆様。

糖分を減らしてみませんか?

???

お肌の糖化。

一度は聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

甘いものの取り過ぎは体に良くない。

糖尿病になりたくない。

となんとなく甘いものを避けていたり、控えていたり、それでもやっぱり食べてしまったり、甘いものは自分の敵!と考えている女性は多いものです。

体に入ってきて使われなかった糖分は、

体内のタンパク質と結ばれ、終末糖化産物(AGEs)となります。これがたるみの原因。

大きな理由はお肌に大切なコラーゲンもタンパク質であること。そのコラーゲンが糖分と結びついてしまうというと、お肌のハリがなくなってしまうイメージができますね。

そしてこのAGEs、厄介なのは体に溜まってしまうところ。ストレスが多い、運動もしない、その上に糖分も摂取するとなると自分の体にただ悪いものを与え続けているだけとなります。

ケーキやデザートは食べないからという人も要注意。パンもフルーツにも糖分が含まれます。特にフルーツに含まれる糖分である果糖は糖化速度も速いのです。自然の甘さといえど結局は糖分。甘いものは極力避けた方が良さそうです。

最近は血糖値の上昇を穏やかにする低GI食品も増えてきています。

コラーゲンドリンク、コラーゲンマスクを買うよりもまず、食生活を見直して、糖化を減らすことが将来のたるみ防止に最も近い道かもしれません。