ニキビより厄介?目の周りの脂肪の粒々

30代に突入した頃から、目の周りや鼻筋の両サイドの肌に急激に増え始めた白い粒々。初めは「ニキビかな?」と思い、薬を塗ったりサプリを飲んでいましたが一向に良くなりませんでした。ニキビのように腫れたり痛みを伴うこともないので長年の謎でしたが、先日通っている皮膚科の先生に聞いてみました。

ヴィオテラスCセラムの効果と口コミ!最安値で購入可能な通販は?

これはニキビではなく稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)と呼ばれる脂肪の塊だそうです。レーザーや医療用の針で先端をつつき中身を出す治療があるそうですが、1ミリの粒ひとつにつき2000円前後と中々お高い。「こんなに小さな粒のために2000円か」と、躊躇してしまいます。

「まあ仕方がないか」と諦めています。しかし見る角度や光の加減で粒々の影がとても強調されてしまいますし、お化粧の度に憂鬱な気持ちになります。毛穴の悩みやたるみ、ほうれい線などはマッサージや洗顔などを頑張れば自宅でもある程度のケアが可能ですが、稗粒腫に関しては「家でできる対策はない」そうです。

気にしなければいいと強気でいても、先日主人に「ケシの実、ひどくなってきたね」とからかわれ、とてもショックでした。「年齢と共に自然とできるものだからしょうがない」と言われましたが、せめてこれ以上増やさないためにはどうすればいいのかぐらい知りたいものです。長年の頭痛の種です。