お肌トラブルを克服した生活習慣

20代の頃、私は正社員として飲食店に勤務をしていました。早朝から終電まで働き詰めで、睡眠時間は1日2時間から3時間が基本。朝食は食べないし、お昼は毎日決まったメニューの賄いを早食いし、夜は帰宅後にちょっとだけ口にして寝る、そんな生活をしていました。メイクを落とさずそのまま寝てしまうこともしばしば。http://odb-project.com/

日光にあたる機会は少なく日焼けとは縁遠い生活でしたが、水分補給もほとんどできないし気づいたら乾燥、肌荒れ、シミも薄くですが出てきていました。もう気づいた時にはお肌ボロボロで砂漠状態という感じです。

20代前半という若さだけでなんとかなると過信していた私はある日鏡を見て呆然としたのです!5年くらいそんな日常を送っていたのですが体を壊し仕事をやめて定時で帰宅できる比較的ゆったりした街の不動産会社に転職することになりました。上司だった50代のお母さんみたいな方に良くしてもらい、野菜たっぷりの手作りお惣菜を差し入れしていただいたり、夕飯にお呼ばれしたり、栄養のある食事を取れるようになりお休みはゆっくり過ごし睡眠も充分取れるようになったので徐々に肌荒れも治ってきたのですが、、、

それから数年後、結婚して2児を出産し子育てに追われる毎日。睡眠がほとんど取れないのがダメだったんだと今さら反省してるのですが時すでに遅し…薄かったはずのシミ、ある時なんか凄く目立つじゃないか!びっくりしていろんな雑誌の記事やコスメサイトを読みまくりました。

もちろん、睡眠とビタミンなどの栄養をたっぷり摂る事ご大事なのですが、最も大事なのは保湿。保湿??化粧品にほとんど興味がなかった私なのですが、毎晩入浴後にはビタミンC配合の化粧水でしっかりお手入れし、保湿クリームを何度も重ね付けして保湿を頑張ったところ、たったの1ヶ月くらいで、ん?なんかシミが薄くなってきたような、、

それからというもの朝と夜、しっかりお手入れをする様に心がけ、今では夫からもなんか肌きれいだねと褒められるようになるまで回復しました。一生懸命頑張っていますが、肌のトラブル予防は若い時からスタートしなくちゃいけなかったんだと後悔してます。娘はいないので教えられる人はいませんが笑、この記事を読んでくれている読者の皆さんには、若いからと言って今だけをみるんじゃなく、すぐにでも保湿頑張れ!!と言ってあげたいです。