グッバイ!お口トラブル

口臭と一口に言っても、さまざまな原因があることをご存知でしょうか。
どうして口臭は起こるのか、その原因と対処法について今回はお話します。

大きく分けて口臭には、【生理的口臭】と【病的口臭】があります。

http://ihostdz.com/

【生理的口臭】
・起床時に気になる口臭
寝ている間、唾液の分泌は制御されます。そのため、口内の細菌が繁殖し、口臭につながります。
対策としては、起きたら歯磨きをし、口の中の細菌を洗い流しましょう。また、コップ一杯の水やお茶を飲み、口内を潤してあげましょう。就寝前の歯磨きも重要です。しっかり汚れを落としましょう。
・空腹時に発生する口臭
唾液には口の中を洗浄したり、殺菌する効果があります。噛むことで唾液は分泌されますが、空腹時は何も食べていないため、唾液の量が減少してしまいます。すると、口内は乾燥し、細菌が繁殖。口臭が発生してしまいます。
対策は、ガムや飴などを舐め、唾液を分泌させましょう。飲食できない場合は、梅干しやレモンなど酸っぱい食べ物を想像すると唾液が分泌されます。
・緊張時に起こる口臭
唾液の分泌には自律神経が関係しており、緊張時は交感神経の働きが強くなります。交感神経には唾液の分泌量を低下させる働きがあるため、口内が乾いて口臭の原因になっています。
リラックスすることを心がけましょう。リラックスすることによって唾液量が増え、口臭は改善されます。

【病的口臭】
・歯周病による口臭
歯周病にかかってしまうと、歯周ポケットが広がり、そこに口臭の原因菌が付着しやすくなってしまいます。硫黄のような卵が腐った臭いに近い口臭がしたら、要注意です。
・虫歯が原因の口臭
歯を溶かす臭いと歯に付着した歯垢が食べかすを分解するときに出す臭いが口臭の原因です。虫歯が進行するにつれ、臭いも強くなってしまいます。
・内臓系、呼吸器系の疾患から来る口臭
胃の病気にかかっていると、生ごみのような口臭がします。腎臓が悪いと、尿のようなアンモニア臭に似た口臭がし、糖尿病の場合はりんごが腐ったような甘酸っぱい口臭がするといわれています。

【病的口臭】の場合、早めの治療が大切です。少しでも口臭について気になるようでしたら、医療機関を受診することをおすすめします。

口臭ケアについてお話しましたが、一番は定期的に歯科医院に通い、歯のお手入れをすることが大切です。いつまでも自分の歯で美味しい物をたくさん食べられるようにしていきたいですね!