運動してのダイエット

運動もしなくなり太ってダイエットをする事にしたのです。
ダイエット運動には、ウォーキングやランニングのような有酸素運動と、筋トレのように瞬発的に筋肉を使う無酸素運動があります。
効率よく痩せるためには、どちらか一つではなく、この2つの運動を組み合わせることが重要ですので、痩せるために頑張っています。

http://www.vanessabuirskiinteriors.com/

ウォーキング、ランニングのように強さの程度が低い運動を長い時間行う場合、体では主に体脂肪がエネルギー源として使用されます。
そのため、有酸素運動は“脂肪を燃やす運動“とされていて健康にもダイエットにもいいので一石二鳥です。
この有酸素運動は、短時間でももちろんエネルギーを消費しますが、運動しはじめてから20分経過した頃から体脂肪をエネルギー源として使い始めることから、20分以上行うことで、より体脂肪の減って少なくなる事が期待できるのです。

ウェイトトレーニングなどの無酸素運動は、有酸素運動のように運動中に脂肪燃焼をする比率は低いですが、瞬発力に優れた筋肉と呼ばれる筋肉が鍛えられます。
この瞬発力に優れた筋肉を鍛えることで、基礎代謝(安静時のエネルギー代謝)を高める効果が期待できます。
この筋肉が鍛えられれば、これまでと変わらない生活をしていても消費されるカロリーが高まり、痩せやすいカラダ作りができますのでとてもダイエットにいいと思います。

また、無酸素運動をすると、ストレス反応の中心的な役割をはたすものや成長ホルモンなどの脂肪分解を促すホルモンが分泌されやすくなるため、その後の活動での脂肪燃焼が促されるとも言われています。

そのため、体脂肪を減らすためには、筋トレ→ウォーキングなどの無酸素運動と有酸素運動の順序での組み合わせが良いとされています。