生活習慣と比例するAGA

最近ではAGAに悩む男性が多いと聞く、また、男性だけではなく女性の薄毛に対しての悩みも多いそう。一般的にAGA治療は月々3万?4万、年間で計算したら50万円ほどになる。
AGAや薄毛は生活習慣が原因で男性ホルモンが過剰に分泌し起こると言われている。

http://www.afleurdetemps.com/

食生活が不規則であり、偏った食事バランスにより、男性ホルモンである「テストステロン」とそれよりも強力な「ジヒドロテストロン」が合成し、「5アルファーリラクターゼ」という毛根を壊すホルモンへと変形し、毛根に抜毛指令を出すとされている、
50万円かけて治療をすれば良いというわけではなく副作用に悩まされる事もあります。
AGA治療で最も主流なのはプロペシアですが、女性は触ってはいけないと言われるほど、強力な薬で、肥満や欲の減少など様々な負担がかかる。

そこで注目されているのが17型コラーゲン。毛根と髪をつなぎとめる重要な役割をしており、脱色も抑制できるという研究結果が出ているくらいだ。
この17型コラーゲンが加齢とともに減少することによって接着剤がくなると言う。
人の髪は50回抜けてしまうともうその毛穴からは発育されないと言われている、そのためには1日でも早く17型コラーゲン配合の製品を実施に使ってみるのが良い手段だと言えるだろう。