30歳手前の男性です。若い頃は髪を染めたり、パーマをあてたりと、あまり髪によいことは行ってきませんでした。髪を洗う時も、適当なメンズシャンプーを薬局で買っては、何も考えずに使っていたことが多かったです。お風呂から上がると、髪の毛をしっかり乾かすこともあまりありませんでした。

艶黒美人

髪の毛が短かったこともありますが、タオルで適当にガシガシと拭いて、あとは自然乾燥に任せていました。もちろんドライヤーなんていうものを持っているはずもありませんでした。髪の毛の保湿という概念ももちろん知らず、洗ったら洗いっぱなしのほったらかし状態になっていました。若い頃はそれでよかったのでしょう。ところが20代後半に差し掛かった頃から、髪の毛のゴワつきが気になるようになってきました。

髪の毛は短髪ではあるのですが、頭を手櫛ですくと引っかかるようになってきたのです。髪の毛のセットをしようとしても、髪の毛のゴワつきがワックスに勝り、なかなか思うようにセットができなくなってきました。ゴワつきには様々な要素があると思いますが、髪を痛める一番の原因は、洗った後の自然乾燥であると、ヘアスタイリストさんにお聞きしました。

それ以来、ドライヤーを購入し、お風呂の後はしっかりと乾かすようになりました。そうすると、不思議とゴワつきもおさまってきたような気がしています。