20代後半にさしかかってもニキビと闘う

私は中学生の頃からずーっつとニキビに悩まされてきました。

http://spirituelleangebote.org/

初めに出たのは13歳くらいの頃に前髪を作ってからおでこに赤いニキビがでてきました。おでこを前髪で覆っていたのが原因かと思い、家では前髪をあげていたのですが一向に治らず徐々に恐ろしいほど増えていきました。市販の薬を塗っても治りませんでした。

高校生になり、徐々にニキビは出ずらくなってきたのですがそれでもまだプツプツと出ては落ち込んでいました。高校2年生の頃にはBBクリーム(化粧下地)を毎日つけて眉毛も少し足して学校に行っていました。何も塗らなくても周りの子の素肌がすべすべなのは羨ましかったです。当時はBBクリームを塗るだけで毛穴と赤いニキビが和らいで見えるのでお肌に少し自信が持てていました。

その後海外で生活するようになり、お米もあまり食べなくなり不規則な生活とストレスで体重増加になり顔のニキビもおでこからまた始まり、顎、頬、そして気が付いた頃には顔全体まで広がっていました。気持ち悪い自分が嫌になり、人を避けたり写真を撮る事が嫌になりました。その後半年程かけて元の体重より痩せてお肌も少し落ち着いてきました。

そして、太って痩せて色々と洗顔に気を遣ったり食べ物に気を遣ったりした生活から日本に帰国しお肌もだいぶ落ち着いてきました。日本に帰国してからもニキビに酷く悩まされて有名な皮膚科に行って紫外線治療、サプリメント、塗り薬等の努力はしましたが、治らず美容皮膚科に通いピーリング等の施術をした今現在も時々出てくるニキビに悩まされています。